スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式

結婚式に連れてってもらった。

結婚式は男女別々。
外見は普通の建物の中に入ってくと、すごい大きくて豪華なホールやった。
入り口で荷物チェックされて「カメラ禁止」を言い渡される。
入り口付近で真っ黒のアバーヤを脱ぐと・・・

皆それぞれ豪華なドレス!!

に身を包んでおりました。

会場には女しかおらんから、露出度もかなり高くって。
もちろん髪を隠すヴェールも脱ぎ捨てて。

大音量の音楽にあわせて踊る。踊る。
ひたすら踊る。

滑らかな腰の動き。手の曲がり具合。
たまらん。。。
やっぱりここでも“血”やな、ってのを感じました。
小さい子も見ようみまねで踊って、だんだん身について。

何よりも、イエメン人の女の子の素顔を見るのが初めて
(外では顔も隠して全身黒ずくめなので)
やったんやけど、
かわいいはぁとvv
スタイルもいいし!
男の人が人前で隠したくなる気持ちもわかるようなわからんような。。

結婚式は、時間がたつにつれて段々人が増えてきて(100人以上?)
その間も前の方では若い女の子達が踊り続け。

花嫁が現れたのは9時すぎ。会場に着いてから1時間半以上経ってた。

花嫁が中央の花道を歩く間、前方ではさっきまで踊り狂ってた女の子たちが集まって出迎える。

花嫁の前をカメラを持った友人(?)が歩いて写真とかビデオを撮ってるんやけど、そのカメラに写ってしまいそうな角度に入ると、皆一気にヴェールを髪に巻きつけた。
写真に写ったらダメやから。なんやけど、振り返ると一気に黒子状態の女の人に戻ってて、びっくり。
カメラに写らん、ってわかる角度になるとまた外して。

文化の違い、というか。宗教。
彼女たちにとってはそれが当たり前のことで。
面白かった。

さてさて、結婚式はいよいよ佳境に入り花嫁が中央まで来ると椅子に座って。
客席には料理が出され。って言っても、ランチBOXに入ったサンドイッチと、サラダとタヒーナ(ごまのペースト)と甘いお菓子が、無造作にテーブルの上に置かれ。黙々と食べて。

花嫁に一声かけて帰る。
「おめでとう」としか言えんかったし、向こうも「誰!?!?」みたいな感じやった。面識ないし。
結局花婿がどんな人かはわからんかったけど、でも幸せそうやった。

ちなみにイエメンでは、パーティーとか家にお呼ばれした時でも料理を食べたら皆すぐに帰る。
だから今回も、皆食べ終わったら序々に帰る、って感じだったのでどういう風にして式が終わるのかは謎。
次回チャンスがあれば。

仕事上、イエメン人の性格上、留学時代とは違って現地人と仲良くなって結婚式に行って・・・なんてのは期待してなかったから、かなりいい経験できてよかった!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。