スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある村

ワーディ(枯れ谷)を通って南下していく途中、とある村に立ち寄りました。
村1

あの、Bン・ラディン氏のお父さんの出身村。

彼の名前を出してもいいものか、口に出すのをためらいつつも、おそるおそるドライバーに聞いてみると。
ドライバーはためらう様子も見せず、堂々と
「Bン・ラディンちはどこだ?」と村人に質問。
村人も村人で「あそこの白い家だよ!」と気軽に答え。

到着↓
家1
1枚の写真に収まらない位大きいっ!
まぁ、お父さんの時代にサウジで大成功を収めているのでもはやここには誰も住んでないんですが。
でも親戚とかは同じ村の奥のほうで住んでるそうです。

村2
向かいの風景。

行けてよかったね♪なんて気楽にはしゃいでたのですが。
この1ヶ月後。
同じワーディ沿いにある別の村で、旅行者が襲撃される事件が起こってしまいました。
もしかしたら、被害にあっていたのは私たちかもしれない、って思うとちょっと怖くなってしまいました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。